FC2ブログ

ビットコイン1000万円超の大相場を予見する声相次ぐ

ビットコイン1000万円超の大相場を予見する声相次ぐ(第3,590回更新)

こんにちは。
今年末のセミリタイアを目指すベトカブです。
スタンドFMで音声ラジオを毎日配信中!
スタンドFM

私も投資しているビットコイン。今日は注目の記事を見つけたので皆様とシェアしたいと思います。

5万ドル手前で高値を維持しているビットコイン(BTC)。だが個人投資家にとって気になるのが「既に値上がりしたビットコインを今から買ってよいのか」という点だ。大きなリターンを求める場合、今後どれくらい値上がりする可能性(アップサイド)があるかどうかを見極める必要がある。まず着目すべきなのが、今回(2020年夏~2021年)のビットコイン上げ相場の質だ。前回2017年秋~2018年初に起こった仮想通貨バブルは個人投資家の熱狂によるところが大きかった。一方で今回の相場の背景にあるのが、新型コロナで加速した世界的な金融緩和や米機関投資家や企業によるビットコイン相場への参入だ。米で広く使われているネット決済大手のペイパルで直接仮想通貨が買えるようになったことも市場を広げたと見られている。

これまでビットコインに否定的だった著名投資家の「改宗発言」も増えている。例えば1700億ドル(約17.5兆円)を運用する世界最大のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ」創始者で著名投資家のレイ・ダリオ(Ray Dalio)氏だ。これまでまた同氏は、ビットコインは価格のボラティリティ(変動幅)が大きすぎることからビットコインの通貨としての可能性を否定してきた。ところが2020年12月8日にネット上で行われたセッションで「ビットコイン(及びその他のデジタル通貨)はこれまでの10年間で金(ゴールド)に似た資産として確立されたと思う。<中略>金投資に対する分散投資になりうる」と発言している。

発言の念頭にあるのが世界的な金融緩和によって引き起こされた「マネーと信用の大洪水」だ。同氏は「価値が下がった通貨建ての資産価格は下落しない。だから複数の資産クラスへの分散投資が大事」としており、ビットコインも分散投資の対象になりうることが示唆された。

これからビットコイン相場に参入する投資家にとって気になるのはここからの価格上昇余地だ。興味深いのは10万ドル(約1030万円)超えのビットコイン価格予想が相次いでいることだ。

●米株式分析会社ファンドストラッド(Fundstrad)のトム・リー代表が2020年12月31日放映の米CNBC番組の中でビットコインが2021年に3倍以上上昇する可能性があると予想。放映時点のビットコイン価格から計算すると10万ドルとなる。

●仮想通貨取引所バイナンスUSのキャサリン・コリーCEOはビットコインが2021年末までに10万ドルに達すると予想している。「おそらく5万ドルが妥当だろうと思っていたが、より大きくなりそうだ。2021年末までにビットコインは75000ドル〜10万ドルに到達するだろう」

●米資産運営会社のモルガンクリークのマーク・ユスコCEOが5月、ビットコイン価格が12か月以内に10万ドル(約1030万円)に到達することを予想。同氏は今後7~10年の間にBTC価格が40~50万ドル(約4000~5000万円)に向かうとしている。

●ビットコイン相場をS2F(ストック対フロー)モデルで分析するPlanBが2021年12月までにビットコイン価格が10万ドル~28万8000ドル(約1030~約3000万円)に到達することを予想。(関連記事「ビットコインが2021年12月に10万ドル到達は「間違いない」=S2Fモデル考案者のPlanB」)

●仮想通貨ヘッジファンドのパンテラキャピタル(Pantera Capital)の共同チーフインベストメントオフィサーJoey Krug氏が2021年末までにBTC価格が10万ドル(約1030万円)に達することを予想

●米仮想通貨分析会社Messari社が2021年の展望の中で、同年末までにビットコインが10万ドルに到達することを予想

●英仮想通貨分析会社CoinShareがが2021年の展望の中で、同年末までにビットコインが10万ドルに到達することを予想

●仮想通貨データサイトCoinGeckoのボビー・オンCEOが2021年の展望として、ビットコインが高値更新する中次の注目ポイントは10万ドルにあることを明言

●米NASDAQ上場の仮想通貨取引所Diginex(本拠香港)のRichard Byworth代表が2021年にビットコインが10万ドルに到達するとコメント

●米仮想通貨ファンドBlockTower CapitalのAri Paul氏が9~22か月でビットコインが10万~40万ドルまでいくと予想

●元ゴールドマンサックス欧州出身で仮想通貨投資関連の調査会社を経営する投資家のラウル・パル氏は、ビットコインが2021年末までに「40万ドル(約4000万円)〜120万ドル(約1億2000万円)」に達すると予想

●ブロックチェーン分析会社グラスノード(Glassnode)のCTO(技術責任者)であるRafael Schultze-Kraft氏が、ビットコインは早いペースで11万ドルに到達すると予想

2021年内という比較的短い時間軸で語られている点が興味深い。

また「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」(筑摩書房)で有名な作家・投資家のロバート・キヨサキ氏も昨年末から新年にかけてツイッターを更新し、2021年はビットコインにとって「素晴らしい年」になるとしている。

さらに2000万円を超える相場観も出てきていることに注目だ。

ツイッターで20万人のフォロワーを誇るビットコインアナリストのWill Woo氏は先月「(独自の分析モデルによると)2021年末までに20万ドルというのも保守的な予想だ。30万ドルでもあり得なくない」としていた。同氏は売りにでるビットコイン現物在庫が減ってきていることをビットコインに強気な理由の一つにも上げている。

ソース元はこちら
https://jp.cointelegraph.com/news/top-6-bitcoin-price-predictions-to-watch-in-2021


これらの発言によると今の500万円という価格はまだまだ割安。これから10倍以上も十分狙えそうです。実際に私の投資した15万円はあっと言う間に38万円を超えました。今もも500円ずつ買い増しを行っています。

今から総資産の1%程度をビットコインで保有すれば将来大きく上昇する可能性があります。皆さんビットコイン投資を始めてみませんか。

初めてのビットコイン投資ならマネックスグループのコインチェックがお勧めです。たったの500円からビットコインが買えます。まずは無料の口座開設から始めませんか。

コインチェック

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
応援クリックをお願いします♪
人気ページランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
22位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

ベトカブ

Author:ベトカブ
気ままなぶらり旅が好きな東京在住アラフィフ男性です。安くて美味しいB級グルメに目がありません。性格は明るく前向き。好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」で、割りと楽観主義です。

アメリカの大学に留学したおかげて人生の視野が広がりました。楽しいことが大好きです!

周りの人達からは「笑顔がイイネ」とよく言われます。ぜひ一度「ベトカブスマイル」をご覧下さい(笑)

2021年7月より株の配当金をメインとしたセミリタイア生活を開始します。資産運用情報がメインですがライフワークの旅行やカフェ巡りの日記も随時アップしていきます。

管理人のお勧め情報
私への連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
相互リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ