業界再編期待でアンガンスチールの株価が急騰中

業界再編期待でアンガンスチールの株価が急騰中(第1,361回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


過剰設備・過剰生産に苦しむ中国鉄鋼業界。

そのあおりを受けてアンガンスチールの株価は長期低迷中です。


しかし今年は流れが変わる可能性が出てきました。

マネックス証券の「クローズアップ!中国株」の記事をご覧下さい。


「鉄鋼業界の再編統合が追い風」

アンガン・スチールは政府主導の生産調整と業界統合が追い風となる。中国の鉄鋼業界は需要不足と供給過剰に悩む構造不況業種だが、経営効率が見劣りする小企業が市場から退出することで、大手メーカーの経営環境が改善する見通しだ。鉄鋼業界や石炭業界の再編統合は、数年前から中国指導部が実施方針を示していたものの、業界や地方政府の抵抗が強く、掛け声倒れに終わっていた。しかし李克強首相が今年1月4日の会合で、優勝劣敗の市場原理に基づく淘汰の推進を断行するよう指示。当局が旧式設備の廃棄や構造転換に本腰を入れると期待されている。アンガン・スチールの同業には馬鞍山鋼鉄(00323)、重慶鋼鉄(01053)があるが、両銘柄とも株価は年初来で下げている。アンガン・スチールが比較的規模が大きい上、1月19日時点でPBRが0.47倍と3銘柄で最も低い。



また昨日の二期報WEBでは、これを裏付ける記事が出ていました。


「鉄鋼株が高い、国務院が減産措置を確定」

週明け25日の香港市場で鉄鋼株が高い。中国の国務院(内閣に相当)が鉄鋼業界と石炭業界の過剰な生産能力を解消する措置を確定したことを受け、大手メーカーの経営環境が改善するとの思惑から買われている。

国務院は22日開いた常務会議で、市場機能による鉄鋼や石炭の生産能力の削減を、供給側改革の重要な手段と位置付け、次の措置を決めた。◇性能の劣る生産設備を一定期限内に廃棄するため、企業のM&A(買収・合併)や業態転換、移動・改修などによる自主的撤退を促す。過去数年に淘汰された鉄鋼生産能力9000万トン超に加え、粗鋼生産能力を1万-1万5000トン削減する。石炭の生産能力も大幅に圧縮する、◇新規の生産設備建設を厳しく規制。2013年に導入した新規鉄鋼プロジェクトの禁止令を厳格に施行する。新たな炭鉱開発や、増産目的の技術導入とプロジェクトの審査は原則停止する、◇工業企業構造調整の奨励資金を設立し、地方の減産措置に伴う人員整理を規定に基づいて補償する。金融機関が貸倒減損や抵当資産処理を進め、不良資産を一括して切り離すことを支持する。また、保険資金などの社会資本を企業のM&Aに投入することを支持する。



ニュースを受けアンガンスチールの株価は急上昇しています。

アンガンスチールは32,000株を保有する香港株の最大保有銘柄。

今年のアンガンスチールの株価の動きが楽しみです!!


☆香港株投資ならSBI証券がオススメです☆

●ネット証券最大手の安心感
●業界最低水準の手数料
●豊富な投資情報
●香港ドル決済・日本円決済が選べて便利

NISA口座なら税金も不要です。

SBI証券口座開設はこちらからどうぞ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
出会い犬用食器通販伝言ダイヤル高収入チャット出会いメル友掲示板出会い系サイトメル友テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ



アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
38位
アクセスランキングを見る>>
私の愛読書、ダイヤモンドザイの最新号はこちらです
プロフィール

ベトカブ

Author:ベトカブ
気ままなぶらり旅が好きな東京在住40代男性です。安くて美味しいB級グルメに目がありません。性格は明るく前向き。好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」で、割りと楽観主義です。

アメリカの大学に留学したおかげて人生の視野が広がりました。楽しいことが大好きです!

周りの人達からは「笑顔がイイネ」とよく言われます。ぜひ一度「ベトカブスマイル」をご覧下さい(笑)

資産運用を通して豊かな将来を目指します。またライフワークの旅行の日記も随時アップしていきます。

取材等の連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
管理人のお勧め情報②
相互リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ