ミャンマー証券取引所がオープン!先駆者利益で10倍返し!

ミャンマー証券取引所がオープン!先駆者利益で10倍返し!(第1,322回更新)

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に日記を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


ついにミャンマー初の証券取引所がオープンしました。

まずは12月9日付のNHKニュースWEBの記事をご覧ください。


「ミャンマーに初の証券取引所 日本の出資でオープン」

ミャンマーで初めてとなる証券取引所が、日本の大手証券グループなどの出資によってオープンし、企業が株式市場を通じて資金を調達できるようになり、さらなる経済成長につながると期待されています。

ミャンマー最大の都市ヤンゴンに設けられた国内初の証券取引所は、東京証券取引所を傘下に持つ「日本取引所グループ」と大手証券グループのシンクタンク「大和総研」が運営会社に出資して、9日にオープンしました。

開所式では、ミャンマーのウィン・シェイン財務相が「一般市民が幅広く投資できる株式市場を整備していく」とあいさつし、東京証券取引所の宮原幸一郎社長が「証券取引所が、ミャンマーの経済発展に資するよう新たな挑戦を続けていく」と述べました。

オープンに向けて、取引所には6人の日本人職員が派遣され、システムの開発や運営のノウハウを提供してきました。

ミャンマーでは7%を超える高い経済成長が続いていますが、新興企業は銀行の融資を受けるのが難しく、新たな事業を立ち上げるうえで資金の確保が課題となってきました。証券取引所ではまず国内の銀行など6つの企業から上場の申請を受け付け、来年2月にも取り引きを始める予定で、その後さらに上場企業を増やし、企業の円滑な資金調達につなげていきたい考えです。

ソース元:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151209/k10010335361000.html


過去の他の新興国の経験から、開設直後の取引で株価が大きく上昇する可能性が高いです。

投資で成功するには、まだ注目されていな市場に目を付け、誰よりも先に投資することが一番の近道です。

その意味では「アジア最後のフロンティア」と言われているミャンマーはまさにダイアモンドの原石です。

ミャンマーの魅力とは、

1、賃金水準が安い
2、地政学上の重要性
3、豊富な天然資源
4、豊富な人口、消費マーケットとしても有望
5、高い識字率や勤勉な国民性


株式市場開設直後に投資すると莫大な先駆者利益が得られる可能性があります。

10倍返しも十分狙えるでしょう。


しかし投資を行う際に大事なのは正確な情報の確保です。

実はミャンマー投資に特化したメルマガがあります。

30,060名以上の海外投資家が毎日購読中の信頼あるメルマガです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ミャンマー


購読はもちろん無料。

たとえ今すぐ投資をしなくても、情報を得るだけでも有益です。

メルマガ登録は下記バナーからどうぞ。





来年2月の取引開始に向けて今からミャンマーの研究をしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
出会い犬用食器通販伝言ダイヤル高収入チャット出会いメル友掲示板出会い系サイトメル友テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ



アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
38位
アクセスランキングを見る>>
私の愛読書、ダイヤモンドザイの最新号はこちらです
プロフィール

ベトカブ

Author:ベトカブ
気ままなぶらり旅が好きな東京在住40代男性です。安くて美味しいB級グルメに目がありません。性格は明るく前向き。好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」で、割りと楽観主義です。

アメリカの大学に留学したおかげて人生の視野が広がりました。楽しいことが大好きです!

周りの人達からは「笑顔がイイネ」とよく言われます。ぜひ一度「ベトカブスマイル」をご覧下さい(笑)

資産運用を通して豊かな将来を目指します。またライフワークの旅行の日記も随時アップしていきます。

取材等の連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
管理人のお勧め情報②
相互リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ