中国、サーキットブレーカー導入へ 株価安定へ追加対策

中国、サーキットブレーカー導入へ 株価安定へ追加対策 (第1,222回更新)


いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

基本的に記事を毎日更新しています。

ぜひ明日もお越しください。


中国が株価安定のための新たな対策を打ち出しました。

まずは日経新聞電子版の記事をご覧ください。


【上海=土居倫之】中国政府は7日、株価安定に向けた追加対策を相次いで打ち出した。中国財政省は株式を1年以上保有した投資家について、配当に対する個人所得税の課税を免除すると発表した。一方、上海・深圳証券取引所と中国金融先物取引所は株価指数があらかじめ決めた上下限に達した場合、全銘柄と株価指数先物の売買を一定時間停止する「サーキットブレーカー」制度を導入すると発表した。

ソース元はこちらです



世界同時株安の元凶の中国株。

少しでも状況が改善されるといいです。

この政策が効いたのか、昨日の香港ハンセン指数は大きく上昇しました。

しかし株価上昇への一番の特効薬は財政出動を伴う経済対策です。

中国政府の決断が望まれます。


※中国株とは一般的に国内向けの上海株式市場を指します。

私は国際的に開けた香港株に投資しています。




<私の株価暴落時の対処法はこれ!>

中国発の世界同時株安の様相を呈しています。

世界中の株は下がり、逆に円は買われ円高に。

海外投資がメインの私は、まさにこの影響をモロに受けています。

実際主力投資先のベトナム株・中国株・ワールドリートOP,、そしてトルコリラFXの全てが大きく価値を下げています。

とても辛い状況です。


しかし投資は自己責任。

良い局面もあれば当然悪い局面もあります。

今は悪い局面ですがいずれきっと状況は好転します。

今は慌てないでじっくりと状況が良くなるのを待つのが大事ですね。


私はこんな時、少しでも「儲かった!」という事実を作るようにします。

先日ポイントサイトで高額なポイントを貰えるアクションをして、15,000円分のポイントをゲットしました。

例えば私がメインで使っているモッピーでは、年会無料のクレジットカードを作るだけで8,000円程度のポイントが貰えます。

ポイントサイトは誰でも簡単にお小遣いが稼げるので、株価急落で沈んだ心を救うにはお勧めの方法です。

宜しければお試し下さい。


モッピー!お金がたまるポイントサイト


ブログパーツ





関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

本日ベトナム成長株を買い足してきました。
証券会社の方にベトナム視察ツアーご招待企画を提案してまいりました。
無理でしょうけど・・・・・

Re: No title

アラフォーアイドル鈴木マノアさん

コメント有難うございます。
このタイミングでの買い増しはさすがですね。
きっと将来良い結果が得られるでしょう。

アイドルの方にブログを見て頂いて嬉しいです。
これからもよろしくお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カウンター
出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
出会い犬用食器通販伝言ダイヤル高収入チャット出会いメル友掲示板出会い系サイトメル友テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ



アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
50位
アクセスランキングを見る>>
私の愛読書、ダイヤモンドザイの最新号はこちらです
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2017年 08月号 [雑誌]
価格:730円(税込、送料無料) (2017/6/20時点)


プロフィール

ベトカブ

Author:ベトカブ
気ままなぶらり旅が好きな東京在住40代男性です。安くて美味しいB級グルメに目がありません。性格は明るく前向き。好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」で、割りと楽観主義です。

アメリカの大学に留学したおかげて人生の視野が広がりました。楽しいことが大好きです!

周りの人達からは「笑顔がイイネ」とよく言われます。ぜひ一度「ベトカブスマイル」をご覧下さい(笑)

資産運用を通して豊かな将来を目指します。またライフワークの旅行の日記も随時アップしていきます。

取材等の連絡はこちらからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
管理人のお勧め情報②
相互リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ